ネットいじめ対策・学校裏サイト対策ならインターネットパトロールのスクールガーディアン

理念・ミッション

  • HOME »
  • 理念・ミッション

スクールガーディアンの理念・ミッション

cropped-slide-1a.jpg

理念・ミッションの実現のためにスクールガーディアンが行うこと

スクールガーディアンは、生徒・児童が健全にインターネットを使える環境づくりを目指すという理念・ミッション達成を目指し、以下の取り組みを行っていきます。

ミッション1
 
ミッション2
 
ミッション3
 
ミッション4

 

スクールガーディアンを立ち上げた想い

2007年、ネットいじめによって生徒の自殺が起きるという痛ましいニュースがありました。そのニュースをきっかけに、企業向けに投稿監視サービスを提供している会社として、何か出来ないかと考えました。その中で、子どもたちをインターネットトラブルから守るためにも、まずは大人が、インターネット上で生徒たちは何をしているのか、どんな投稿がされているのか、そういった子どものインターネット利用実態を知る必要があるのではないか、そこに存在する課題を議論する必要があるのではないだろうか、そのために貢献できることが自分たちにはあるのではないかと、そういった想いのもとでこのスクールガーディアンというサービスを立ち上げました。

 

スクールガーディアン事業責任者からのメッセージ

スクールガーディアン事業部 事業リーダー 吉川 敏広
 
スクールガーディアン事業部
事業リーダー
吉川 敏広

ソーシャルメディアを利用することで、さまざまな人たちの意見や考えが流通し、議論が広がり、世の中はもっとよくなっていく。そんな未来を生きる子どもたちにソーシャルメディアを積極的に活用できる力を身につけてほしい。このような想いでこのサービスを推進しています。
私たちが直接サポートさせていただくお客様は学校です。学校にとって常に必要とされるパートナーであり続けるためにも、教育のプロである先生方がより深く子どもたちと向き合えるよう、まずは私たちがひとつひとつの書き込みに真摯に向き合い、子どもたちが抱えている現状を受け止めてまいります。その上で、インターネット上で起きている現実をプロとして見極めお伝えしていきます。
加えて、私たちのお客様である学校は人を育てるところです。私たちも人を育成するという視点を持ち、ソーシャルメディアの活用とともに豊かな人間性の醸成にも努めていきたいと思います。ビジネスという関係性を超えて、学校とソーシャルメディアの付き合い方を総合的に支援しながら、子どもたちが健全にインターネットを使える環境づくりの一端を担っていきたいと思います。

 

スクールガーディアンヒストリー

年月 歴史
2007年11月 学校裏サイト・ネットいじめ対策コンサルティングサービスの提供開始
2009年4月 自治体(江東区教育委員会)に学校裏サイト対策サービス提供開始
2010年5月 高校生向けネットリテラシー講座の提供開始
2011年4月 私立学校で初めてのソーシャルメディアポリシー策定を支援
2011年5月 大学生向けネットリテラシー講座の提供開始
2012年10月 Facebookを活用したプロジェクト型学習の提供開始
2013年1月 Facebookを活用したキャリア教育、大袋中学校が文部科学大臣賞受賞
2013年5月 ソーシャルメディアリテラシー学習が著作権教育実践事例に入賞
2013年8月 生徒を見守るサービスとともにいじめの予兆発見によるいじめ解決の情報提供を強化
2013年9月 いじめ防止対策推進法 施行
2014年6月 twitterに特化した有人目視サービス「セーフティプログラム for Twitter (tSP)」提供開始
2015年10月 子どもたちがスマホでいじめの匿名通報ができる「Kids’ Sign」を提供開始
2016年3月 洗足学園と共同で「ICTを活用する人材育成のための5か年プロジェクト」を開始

TEL 0120-5464-77 受付時間 9:00 - 19:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © adish株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.